FC2ブログ
RSS
Admin
Archives

HUG米・HUG野菜(はぐまい・はぐやさい)成長日記

HUGHUG食育プロジェクト ~子ども達に「食」の大切さを~

プロフィール

HUG.project

Author:HUG.project
HUGHUG食育プロジェクト

リンク
最新記事
カテゴリ
最新コメント
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2012.01
17
Category : 食育
さてさて、炊きあがったHUG米をいよいよいただきます。

少しおこげ混じりのごはんを、各自でおにぎりにしてもらいました


kodomo02.jpg

ほおばってますね


家族02

いつもお母さんが作ってくれるおにぎりより
ずいぶん大きかったと思うのですが、全部たべれたかな?

家族03



カップには、豚汁です
お母さん、おいしかったですか??


kodomo.jpg

お母さんにおかずを作ってご持参いただきました。

sisyoku.jpg



青空の下で食べるごはんっておいしいですよね。


具だくさんの豚汁もお代りをしていただけるほど、
たくさんできました。


butajiru.jpg


こちらの豚汁には、以前HUG野菜で収穫したサツマイモも入れました

imo.jpg


鳴門金時のお芋は、実がとても黄色くお汁に入れても
彩りがとても鮮やかで、程よい甘みがあって豚汁をより
おいしくしてくれます。



また、山崎さんのサービスで白菜を丸まる一玉と太いネギを3本も入っていたんですよ。

野菜たっぷりの豚汁でした。

みなさんにおいしいと喜んで食べていただけて、
とてもほっとしました。

ありがとうございました




食後。


kome.jpg

1㎏入りのパッケージされたHUG米を、
一家族に一袋ずつおみやげに配りました。

kome02.jpg

みんなで育てたHUG米。
家族みんなで食べてくださいね。


今回の試食会で、第二回食育プロジェクトのHUG米は終了です。

苗の栽培から田植えの準備、
そして6月の田植え、
夏の暑い中の二回にわたる除草作業や追肥作業、
10月の虫捕り、
11月の稲刈り
12月、寒い中での脱穀作業


年間を通じて、一つ一つの作業がどれも米作りには大切です。

子どもたちには、はじめての体験が多かったことと思います。

その中で子どもたちに食べることの楽しさや、
無農薬のお米作りの大変さとおいしさが伝わればいいな。
という思いから始まったHUG HUG 食育プロジェクト。

楽しんでいただけたでしょうか。


みなさまの貴重な休日をさいてのご参加、本当にありがとうございました。



syugou.jpg



今回の試食会の様子は、HUG HUG3月号に掲載予定です。

こちらもお楽しみに☆


まる

スポンサーサイト



2012.01
16
Category : 食育
あけましておめでとうございます。

今年最初のHUG米・HUG野菜は、
収穫しましたHUG米の試食会です



IMG_2873.jpg

参加された70名さまの試食用のお米は4升。ハガマ2個で2升づつ炊きます。


1月14日(土)に行われた試食会には
第二回・食育プロジェクトでHUG米の農業体験に
ご参加してくださった読者モデルのみなさまをご招待しました。

家族


家族04

お米が炊きあがるまで、子どもたちは山崎さんの田んぼをお借りして、
自由に遊んでいただき、お腹を空かせてもらいます

なわとび

kodomo04.jpg


ボール遊び、たこあげ

kodomo05.jpg

竹トンボなど。



この間、私はみなさまにふるまう豚汁調理に励んでいました。

70名さま分の豚汁を作ることがはじめてで不安だったため
調理に集中しておりまして、うっかり調理中の写真を取り忘れました

私、個人的にブログでご紹介できないのが少し残念ですが、
今回のメインはHUG米です


はじめチョロチョロ、中ぱっぱ


12時が過ぎたころ、子どもたちも遊びきり、
お腹がすいたのか、いいにおいのするかまどやお汁の鍋のあたりに
自然に集まります。

豚汁に味噌を溶きいれたころには、
HUG米もふんわり炊きあがりました。

ハガマで炊いたお米は、ほっかほかの湯気につつまれピンと立っています。

炊飯器ではできない、こおばしく香るオコゲもいい感じにあります


kome04.jpg





後編につづく

sisyoku02.jpg


まる
2011.12
21
Category : 食育
えんどう・ほうれん草・キャベツの植付の様子です



IMG_9295.jpg

みんな山崎さんが畑を耕している様子を眺めています。
真剣です。



山崎さんにえんどうの苗の植え方を教えていただき、
あらかじめ穴をあけてもらった位置へと苗を植えます。

IMG_9302.jpg



IMG_9320.jpg



IMG_9324.jpg


IMG_9306.jpg


みんな上手に植えられましたね。


次はキャベツ。

HUG野菜では2回目の植え付けです。

IMG_9328.jpg


IMG_9343.jpg

カップを外して、根が張っている土ごと手を添えて。

山崎さんが見守る中、植え付けをします。



そして最後に、ほうれん草です。

ほうれん草は種を2~3粒もらって穴にまき、
そっと土をかぶせます。

IMG_9369.jpg


IMG_9370.jpg

そっとね。。


IMG_9380.jpg

寒い外での作業、お疲れさまでした。

楽しかったかな?

子ども達が畑に並んで座ってる姿、とってもかわいいです。



今回の様子は3月号(2/20)に掲載予定です。
お楽しみに。




今年の9月からブログを再開して4ヵ月。

たくさんの子どもたちの笑顔や真剣な表情を撮影してきて、
何度も励まされ、感心させられました。


食育プロジェクトに参加していただいたご家族の皆さま、
ありがとうございました。



IMG_9350.jpg


春がたのしみですね




まる




2011.12
20
Category : 食育
今年最後のHUG野菜の農業体験です。

12月17日(土)の午後より行いました
野菜の収穫と植え付けの様子をご紹介します


IMG_9281.jpg

子どもたちは畑に入ると大根の葉っぱを見つけて、
一気に抜いていきます。


IMG_9274.jpg

ちょっとまって

写真、撮りたいんだけど

と、私があせってる間に子どもたちは
あっという間に全部収穫しました。



重た~い

と言いながらも大根を手にした子どもたちの表情は
どこか満足そうで、うれしそうです。

IMG_9288.jpg

りっぱな大根でしょ

IMG_9287.jpg

こちらの男の子は、足をねん挫しているらしく、
ご両親の足を借りての作業です。

恥ずかしいのか、カメラを向けると目をそらしてしまいます。

君が畑に来てくれるだけで、私はうれしいんですよ


IMG_9294.jpg

次はこちら。

ネギです。


IMG_9352.jpg

山崎さんがハサミの使い方や切る位置を教えてくれながらの収穫です。


IMG_9362.jpg

ねん挫をしている男の子は、
畑にお尻をつけて、山崎さんと収穫しました。

少しづつ、少しづつですが
畑と男の子の距離が近づいている感じがうれしかったです。


IMG_9385.jpg

もう、ネギと大根は食べましたか?

今の時期なら、ふろふき大根や煮つけ、おでんにもお味噌汁にも
おいしいですよね。


葉っぱもぜひ、よく洗ってお漬物やいため物にして
食べてください。



まる




2011.12
15
Category : 食育
IMG_6476.jpg

日も徐々に陰り、空が曇りはじめました。

でも、子どもたちは元気です

自分でペダルを踏み、稲を回転させて
一人で脱穀ができるようになりました。


IMG_6483.jpg

稲の山も残りわずか。

みんなそれぞれに自分で仕事を見つけます。

脱穀する子、脱穀機から落ちるワラを取りのぞく子、
たまった稲穂を次の工程用の缶に入れる子、
終わったワラをおじいちゃんと片づける子。



そして次の作業。

IMG_6526.jpg

こちらの機械に脱穀した稲穂を入れます。


IMG_6355.jpg

そしてハンドルを回すと、図のように風が起こり
軽いワラやちりは飛ばされ、重たい稲穂は手前に落ちます。

この作業を唐箕(とうみ)といいます。

IMG_6499.jpg


初めて見るこの機械にも、みんな興味しんしん。


ハンドルを回すのが子どもたちの仕事です。


IMG_6534.jpg


目にゴミが入るといたいよ

でもどんな風に出てくるのか、見たいんだよね。



IMG_6537.jpg

こんな感じです。

かなり激しいです


IMG_6495.jpg


後日、山崎さんが籾すり(籾殻を取り外すこと)をしてくださいました。

今年のHUG米の収穫量は61㎏あったそうです!!


最後に集合写真のご紹介。

あまりブログではアップしないのですが、今回は…

「じゃあ最後に、みんな変顔して写すよ~

スタッフの無茶ぶりな声かけに、みんなナイスな顔で答えてくださったので、記念にぜひ☆
 

IMG_6437.jpg



寒い中、最後まで作業にご参加してくださった皆さま、
本当にありがとうございました。


今回の内容は2月号(1月20日発行)のHUG HUGの誌面に掲載予定です。

こちらもお楽しみに☆



まる